ケッカロン。

映画やアニメ、本のこと等。

『UN-GO』と新宿

 『UN-GO』。
 『明治開化 安吾捕物帖』を原案として、2011年10月~12月にかけてフジテレビの「ノイタミナ」枠で放映されていたTVアニメーション作品。TV本編の前日譚となる『UN-GO episode:0 因果論』も同時期に期間限定上映されていた。
 このTV本編11話+中編OVAのシリーズが、放映から9年目になる今も大好きなのである。
 前ブログでは2012年頃に各話レビューを書き、その後も補足のブログ記事を書いたり評論同人誌やWEB企画に作品考察を寄稿したりしてきた。そして今また同じく『安吾捕物帖』を原作に据えた実写ドラマ版が制作発表されたことに大いに刺激を受け、改めて本作の各話毎の感想記事を書きたいという意欲が出てきている。
 そうしていると、ふと物語の舞台となっている「新宿」と作品の関係はちゃんと考えたことがなかったなと気づいた。
 まずはここから始めてみようと思う。

 

 ****

 

 『UN-GO』の主人公・「結城新十郎」は、ある人間に取り憑いた化け物「因果」を助手として活躍する私立探偵だ。彼らの生きる近未来の日本は内戦テロに事実上敗戦し、その傷跡も生々しく社会は今だ混迷のただ中にある。新十郎は日本を牛耳るメディア王・「海勝麟六」に立ち向かい、彼がいつも美談として処理しようとする事件の真実を解き明かしていく。
 そして新十郎が探偵業の拠点としているのが新宿だ。まさに内戦テロの標的地にされ立ち入り禁止区域となった新宿の大型書店跡地を探偵事務所として、舞い込む依頼に応対し事件現場に出向いていく。
 そんな新宿という舞台は、『UN-GO』の物語の中でどのような意味を持つのか。

 
 新宿を含めた東京都・関東地方の歴史は旧石器時代にまでさかのぼることができる。板橋区茂呂町の関東ローム層の土壌から黒曜石製石器が出土しているのだ。そこから縄文、弥生時代にかけても100か所以上の遺跡が発掘されており、海浜部から多摩川利根川の流域まで広く集落が分布していたことが分かる。
 一方で日本史上は戦国時代までは首都から遠く離れたいち地方であり、地勢的に大きな変革はなかった。

 しかし江戸幕府が開かれ政治・文化の中枢が関東に据えられることになると、徳川家康が主導する大公共工事時代に突入する。浅海地帯だった神田~新橋は、駿河台を切り崩した土によって埋め立てられ、隅田川には橋がかけられそこから深川・本所方面も開発される。神田・玉川は大規模な水道工事が実施され、江戸全域に水がひかれるようになる。ちょっと調べただけでもこれで、徳川家康のイメージが戦国の覇者から公共工事キチおじさんになった。未開の地を切り拓くことにとてつもない快感を覚える変態だったんじゃないか?
 脱線した。

 

 そうした関東開拓の歴史の中に新宿もある。
 東京都の中心から西より、武蔵野台地と江戸低地の刃境にあるこの地区は、かつては牛込郷という人里もまばらな荒野だった。
 江戸が拓かれ中心部に住居が次々と作られると、密集した木造住居は火災を頻発させるようになる。中でも明暦の大火は被害が甚大で、これをきっかけとして防火対策が本格化する。その一つが、江戸中心の住居密度をさげ被害を分散させるための屋敷・寺社の郊外移転だ。
 その移転先に牛込郷を中心とした地域も選ばれた。膨大な人・家・施設な牛込や四谷の地区に流入し、農村だった全域の半分が宅地化した。そして宿場町である「内藤“新宿”」も開設され、一気に土地は活性化していく。

 宿場町というのは人が行き交う要所であり、経済発展と同時に歓楽街化の宿命も抱えている。内藤新宿も例にもれず風紀取り締まりで一度は廃止されるが、田沼政治の消費拡大路線の中で再開を果たしている。この頃から現代にまで続く新宿の夜の街の側面が出来上がっていたわけだ。

 

 明治になって郡区町村編成法で区画統合されても江戸時代からの住宅街と農村が隣り合わせになった地理は続いていたが、明治18年以降の甲武鉄道開通以降は人口が急増し、残っていた農村部もどんどん市街化していく。

 そして大正12年関東大震災。東京全域が大打撃を受けたが、牛込や四谷の辺りは被害が軽微だった。要因としては、沖積低地でもろい地盤の東京東部・南部に比べると牛込・四谷の位置する武蔵野台地が地質的に強固であったことが挙げられる。そこから東京西部へ人々が移り住む流れが生まれ、新宿となる地はさらに発展していくこととなる。
 第二次世界大戦末期の空襲でも牛込・四谷はほぼ焼け野原になったが、やはり復興は早かった。敗戦直後にも闇市が立ち並び経済が回っており、民間主導の興行街化が進んだ。
 そして昭和22年、牛込・四谷・淀橋が合併していよいよ「新宿区」が誕生した。昭和25年の東京産業文化博覧会開催やゴールデン街の発足等で弾みをつけて、今の新宿の姿に続いていく。


 こうして新宿の歴史を概観していくと、そこが常に災後・戦後の人々の受け皿の役割を果たしていたことが分かる。人を引き寄せる磁場のようなものが宿る土地だったのだ。そこから東京の副都心と呼ばれるまでに発展していった。
 そしてそんな街だからこそ、作中世界の状況の発端である内戦テロの標的にもなったのだ。世界観設定が詳細に描かれた小説版『UN-GO 因果論』では、内戦テロは通信インフラの遮断を目的として行われたとある。ネットサーバーや国際電話ケーブル、携帯電話会社の本社が狙われており、新宿を代表する建造物でもあるNTTドコモ代々木ビルがテロによって倒壊する場面が劇中でも描かれている。
 このように、人間の生命力と混沌を象徴のようであり、物語の起点となりうる要素も満たした場所だからこそ、近未来戦後の混迷した社会を描く作品の舞台としてはうってつけだったのだろう*1

 さらに劇中では、立ち入り禁止区域となった新宿駅跡地に新十郎と因果だけでなく他の社会からのはぐれ者と思しき人々も多く不法定住している様子がある。新宿の歴史の再演として非常に説得力がある。

 
 物語のラストでは、瓦礫が片付け工事が始まり少しずつ街が復興していく様も描写される。これもまた新宿という街の活力の表れだ。そして、その先にはおそらく新十郎をふくめそこを根城としていた人々も立ち退かされてしまうのだろうという切ない予感もある。
 一度は堕ち、しかしいずれ再び再起していく街。それは『UN-GO』の原案作者である坂口安吾の唱えた「堕落論」の論旨を表現しているかのようでもある。
 『UN-GO』という作品のロケーションの確かさに改めて感じ入った。
 

 
 そして現実の2020年では、パラレルの近未来で探偵事務所が開かれるはずの某大型書店は洋書フロアを残して閉店寸前になっている。
 フィクション世界への架け橋はやはり儚いもののようだ。

 

f:id:ex5551htn:20200214012750j:plain

 

***

 

参考資料
・人文社『郷土資料事典13 ふるさとの文化遺産 東京都』
・このまちアーカイブス東京都新宿 https://smtrc.jp/town-archives/city/shinjuku/index.html

*1:付け加えるなら、『シティーハンター』や『新宿鮫』等、新宿をプラットフォームとする探偵役というフィクションの記憶が根強いこともあるかもしれない。